気ままにウィーン

おもにウィーンやドイツ語圏について気ままに呟きます。

ひな祭り

ウィーンやドイツ語圏の事をまとめておきたいと思い、ブログを始める事にしました。

 

と言っておきながら、3月3日という事で、初記事は今週のお題「ひな祭り」。

 

愛知県では、お雛様にお供えする和菓子に「おしもち」「おこしもの」「おこしもち」などと呼ばれるものがあります。

 f:id:liebewien:20180303190927j:image f:id:liebewien:20180303194529j:image

(写真は、我が家の、元は7段飾りのお内裏様とお雛様の前にお供えされた「おしもち」と「木型」)

 『米粉を練って、木の型に入れて成形し、蒸して、食紅で色を付ける』お餅のようなものです。

我が家では、子供の頃から毎年、家庭で作っていました。小さい頃は、父が米粉を練って家族全員で木の型に入れて成形、母が蒸して、皆で交代で色付けして作っていました。

私達子供世代が成長して、仕事などで一緒に作る事が出来なくなった時も、父と母で、毎年作ってくれて食べていました。

7年程前に父が亡くなると、米粉を錬るのは私の役目になり、元気でいてくれている母と作り、お雛様と父のお仏壇にお供えしています。

 

今年も無事に作る事が出来て感謝!