気ままにウィーン

おもにウィーンやドイツ語圏について気ままに呟きます。

うたかたの恋④

皇太子ルドルフとマリー・ヴェッツェラの心中事件の場所。マイヤーリンク狩猟の館(現在は修道院)です。

f:id:liebewien:20180426082822j:image f:id:liebewien:20180426082909j:image f:id:liebewien:20180426082931j:image

私は、2009年と2016年にバスツアーで行きましたが、観光地化されていてビックリしました。

2009年の時は、添乗員さんが鍵を借りに行って内部に入るようになっていましたが、2016年に行った時は、お土産売り場(こんなの2009年の時にはなかった! とビックリ)から内部に入れるようになってた。(2014年10月にリニューアルされたそうです。)周囲は狩猟地なだけあって、緑が広がっています。

 

f:id:liebewien:20180426083608j:image f:id:liebewien:20180426083923j:image

(1枚目)王宮家具博物館には、マイヤーリンク事件の心中の現場となったベッドが展示されています。

(2枚目)事件後、2階の寝室を取り壊しベッドがあった真下に祭壇が造られました。

 

f:id:liebewien:20180426084216j:image 

マリーの柩、左)一番目の木製、右)2番目の銅製のもの。

マイヤーリンク事件直後は、急ぎだったために木の棺で埋葬されましたが、翌年マリーの母Heleneがきれいな銅の棺と取り替えたそうです。

 

色々な説のある、ルドルフとマリーの心中事件ですが、マリーの別れの手紙の発見により、事件前からルドルフとの自殺を計画していたことが裏付けされ、ルドルフがマリーを撃った後、数時間して自殺したというものが現在の有力説です。

 

f:id:liebewien:20180426090005j:image

自殺した時に使用した同モデルのピストル、寝室に敷かれていたオリジナルの絨毯、ステファニーあての遺書のコピーなど、展示されています。

 

f:id:liebewien:20180426090125j:image

マリーのお墓の写真です。(バスツアーだとマリーのお墓までは立ち寄らなくて、展示されてる写真を撮ってきました。)

もちろん、母への別れの手紙にあった、Allandの墓地のルドルフの横に埋葬されたわけではなく、ひっそりとハイリゲンクロイツの墓地に眠っています。

 

f:id:liebewien:20180426091140j:image f:id:liebewien:20180426091309j:image f:id:liebewien:20180426091341j:image

(1枚目)皇太子ルドルフの死を報じたNEUE ILLUSTRIRTE ZEITUNG 、1889年2月17日版のレプリカ。遺体が、マイヤーリンクから運び出されるところとウィーン南駅(現在の中央駅)に着いたところ。

(2枚目)馬車博物館に展示されてるハプスブルク家の葬列用馬車。ルドルフだけでなく、フランツ・ヨーゼフやエリザベートもこの馬車で運ばれています。

(3枚目)現在、ルドルフは、エリザベート、フランツ・ヨーゼフと共に、カプツィーナ礼拝堂に眠っています。